One Tap BUY 10倍 CFDについて

CFDとはContract For Differenceの略称であるデリバティブ(金融派生商品)になります。本取引は、原資産の価格を参照して行われる取引であり、取引開始時点の価格と取引終了時点の価格との差額により決済が行われる差金決済取引です。

本取引は証拠金取引であり、最低1万円からの証拠金を元に多額の取引が可能になるため、多額の利益が得られる可能性がある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。したがって、取引を開始する場合又は継続して行う場合には、取引の仕組みやリスクについて十分研究し、自己の資力、取引経験及び取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任においてお取引ください。

使い方ガイド

入金する

お客様の入金先銀行口座にご入金下さい
振替する

10倍CFD口座へ振り替えましょう
購入する

銘柄の値動きを予想して買建/売建しましょう
損益確認

損益状況を確認しましょう
決済する

損益を確定させて売却しましょう
出金する

10倍CFD口座から振り替えましょう
入金する
お客様の入金先銀行口座にご入金下さい
振替する
10倍CFD口座へ振り替えましょう
購入する
日/米の買建、売建を予測して購入しましょう
損益確認
購入した株の損益状況を確認しましょう
売却する
購入した株の損益を確定させて売却しましょう
出金する
10倍CFD口座から振り替えましょう

One Tap BUY 10倍 CFDの詳細

取扱銘柄について

One Tap BUY 10倍 CFDは、対象となる原資産の株価指数先物の市場価格に連動します。

取扱
銘柄
対象原資産
日本225 日経225先物  
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)上場
米国500 E-miniS&P500 
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)上場

※ One Tap BUY 10倍 CFDに必要な証拠金の最低額は各建玉の対価の額の10%に相当する円価格です。
※金利調整額の受払は発生しません。
※価格調整額の受払が発生します。

建玉の決済について

保有建玉に対する反対売買が約定した場合、建玉の決済となります。なお、決済するときは枚数や建玉を指定できず、その銘柄の全枚数を反対売買していただきます。

決済時の損益は、次のように計算されます。
a. 買建玉の決済(売)をした場合
(決済約定価格(売)-新規約定価格(買))×数量×取引単位 の合計

b. 売建玉の決済(買)をした場合
(新規約定価格(売)-決済約定価格(買))×数量×取引単位 の合計

※ 取引通貨が日本円以外は、×決済為替レート(外国為替市場の動向(リアルタイム為替レート(情報ベンダーより取得したインターバンクの為替レート))をふまえて当社が決定した米ドルの為替レートに1米ドルあたり35銭を加減算したレートとなります。)
※ 決済益の小数は切り捨て、決済損の小数は切り上げとなります。

証拠金等について

必要証拠金について

必要証拠金とは、新規建てを行う場合に必要となる証拠金のことをいいます。
One Tap BUY 10倍 CFDの取引では、注文時にお客様に1万円以上(1万円から1万円単位)の必要証拠金を指定していただき、その10倍の新規約定金額を計算します。

証拠金は、現金(円貨のみ)となります。株式等、有価証券で代用することはできません。

金銭の引き出しについて

受入証拠金から必要証拠金および評価損を控除した金額の範囲内で証拠金を引き出すことができます。
 
出金(振替可能額)=受入証拠金-必要証拠金-評価損(評価益は加算されません)
※1円未満の証拠金の引き出しはできません

ロスカットについて

One Tap BUY 10倍 CFDでは、ロスカット(顧客のCFD口座で証拠金維持率を判定し、証拠金維持率が80%未満になった場合、全建玉を強制的に決済する)仕様を採用しています。ロスカット判定は30秒ごとに口座をその時の時価で評価します。

証拠金維持率は以下で計算します

証拠金維持率=(受入証拠金―評価損益)÷必要証拠金×100
証拠金維持率が100%を割り込むとロスカットアラートがメール及びアプリのお知らせより通知され、80%を割り込むと、ロスカットが行われます。

ロスカットを回避する為には、必要証拠金をOneTapBUY口座へご入金※の上、10倍CFD口座へ振替を行って頂く必要がございます。

ロスカットを発生させない為にも、証拠金に余裕を持たせたお取引を行って頂くことを推奨致します。

※OneTapBUY口座への入金は平日9:00~15:00に限ります(入金後最大1時間30分かかります)
入金が反映されるまでにロスカットになる場合がございます。あらかじめご了承ください。

追加証拠金制度について

  1. One Tap BUY 10倍 CFDは、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の開場日に、建玉を保有している個人口座のお客様に対し取引時間終了時点での口座状況の確認を実施し、同時点における時価評価総額が必要証拠金の100%に相当する円価額を下回った場合、お客様は当該基準を上回る額まで追加証拠金の預託をする必要があります。
  2. 追加証拠金の預託は、当該追加証拠金発生日の営業日17時までに預託する必要があります。また、追加証拠金の預託は本口座への預託をもって完了するものとし、お客様の当該口座以外の口座(証券取引口座)に追加証拠金相当額の以上のお預かり金が存在している場合であっても、お客様ご自身による振替手続が行われない場合、追加証拠金の預託がないものとして取扱います。
  3. 指定の日時までに追加証拠金の預託をOne Tap BUYが確認できない場合、お客様に通知することなく、すべての建玉を当社の任意で処分(以下、「強制決済」といいます。)します。
    ※強制決済は対象となるお客様に対し順次決済注文を執行するため、指定の日時における約定を保証できるものではなく、強制決済完了までに相当時間要する場合がございます。そのため、原資産市場の相場の変動によっては上記時点よりも損失が拡大する場合がございます。
  4. 証拠金維持率100%を下回りますと、新規建注文、および証券取引口座への証拠金の振替はできません。
  5. 原資産市場の取引終了時間が通常とは異なる日等には、上記と異なる追証期限 を定めることがあります。その場合は事前にご案内いたします。

お取引可能時間

お取引可能時間

通常:月曜~金曜の午前8:00~翌午前6:00 日本時間
(米国夏時間の間:月曜~金曜の午前7:00~翌午前5:00 日本時間)

取引休日

毎週土曜日午前6:00から月曜日午前8:00までの間 日本時間
(米国夏時間の間:毎週土曜日5:00から月曜日7:00までの間 日本時間)

■海外先物取引休場日(CME)においてはお取引ができません。
CME:シカゴ・マーカンタイル取引所

リスク・取引手数料相当額等について

リスクについて

  • 当社のCFD取引は、対象とする指数先物の変動、または価格調整額の受払いにより差損を生じ、投資元本を割り込むことがあるだけでなく、投資元本以上の損失を被ることがあります。
  • 当社のCFD取引は市場取引ではなく店頭取引であるため、他社や取引所の取引価格や価格調整額などが当社のものと異なる場合があります。
  • CFD取引は、レバレッジを効かせた取引であり、当社では資金の10倍の金額のお取引ができることから、大きな収益が期待できる半面、大きな損失が生じることがあります。
  • 当社のCFD取引のロスカットルール、またロスカットルールに関わらず、相場の変動により投資元本以上の損失を被る場合があります。
  • 取引時間中に取引口座の取引余力の額が必要証拠金の額(証拠金維持率)の80%を割り込んだ場合、お客様に事前に通知することなく、ロスカットの対象となる建玉銘柄の反対売買を行います。その際、相場の急激な変動など、市場環境によってはロスカットの執行に時間を要することがあり、ロスカット価格がロスカット基準適用時の価格から大きく乖離して約定し、損失額が証拠金の額を上回る可能性もあります。
  • お取引にあたっては、十分な余裕資金をもった取引であることなど当社からのお客様への確認事項を満たしたうえで取引いただくようご留意ください。

取引手数料相当額について

当社がお客様に提示するCFD価格は、対象となる原資産の株価指数先物が取引されているシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の市場価格を参考にして当社が独自に提示する価格に対し取引手数料相当額(0.02%)を、売値(BID)の場合は減算した金額、買値(ASK)の場合には加算した金額をそれぞれ取引価格として提示します。
※上記の取引価格には取引手数料相当額が含まれているため、別途手数料は頂戴いたしません。 お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、「リスク・取引手数料相当額等」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

商号等/株式会社One Tap BUY 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会

その他

価格調整額について

株価指数先物CFD取引では、 One Tap BUY 10倍 CFDが定める日に建玉を保有していた場合、 One Tap BUYで定めた価格調整額が発生します。

価格調整額は原資産となっている先物の限月交代によってCFDの建玉に発生する評価損益を調整するものです。参照原資産市場の最終取引日の前の当社が定める日において、参照原資産の期近銘柄と期先銘柄の価格差を基に算出します。

なお、価格調整額の計算式は以下の通りです。
価格調整額 = 価格調整単価(※) × 銘柄取引単位 × 建玉枚数
 
※価格調整単価の計算式

① 売建玉の場合
 価格調整単価 =(期先終値(仲値)-期近終値(仲値))× 為替レート(仲値)
② 買建玉の場合
 価格調整単価 =(期近終値(仲値)-期先終値(仲値))× 為替レート(仲値)
 
小数点以下は金額がマイナスであれば切上げ、以外は切り捨てとなります。
 
※1 期近銘柄とは、価格調整日(※4)の直近の一定期間においてカバー取引を行う上で最も流動性が高かった原資産の銘柄を意味します。
※2 期先銘柄は、価格調整日を挟んで、以降の一定期間においてカバー取引を行う上で最も流動性が高いと考えられる原資産の銘柄を意味します。
※3 為替レートは、外国為替市場の動向(リアルタイム為替レート(情報ベンダーより取得したインターバンクの為替レート))をふまえて当社が決定した米ドルの為替レート。
※4 価格調整日は原資産となる限月の期日が訪れるまでの当社が定める日を指します。

税金について

個人のお客様が行った株価指数先物CFD取引における益金は、 「雑所得」として申告分離課税の対象となり、確定申告をする必要があります。
その損益は、差金等決済をした他の先物取引の損益と通算でき、また通算して損失となる場合は、一定の要件の下、翌年以降3年間繰り越すことができます。
金融商品取引業者は、お客様が株価指数先物CFD取引を行った場合には、原則として、お客様の住所、氏名、支払金額等を記載した支払調書を当該金融商品取引業者の所轄税務署長に提出します。
詳しくは、税理士等の専門家にお問い合わせ下さい。

取引規制について

株価指数先物CFDの参照原資産が上場されている取引所等の規制により、参照原資産の取引に規制が設けられた場合は株価指数先物CFDの新規取引を停止する、 または未約定の新規注文が取り消されることがあります。

契約の終了事由について

別に交付する「店頭デリバティブ(株価指数先物CFD取引)取引約款」第 12 条に定める事由に該当する場合、お客様が未決済の建玉を保有している場合であっても本取引口座は閉鎖され、契約は終了します。当該事由により取引が終了する場合であって、お客様が未決済の建玉を保有している場合、当社の任意で当該建玉を決済する場合がありますのでご注意ください。契約の終了事由の主なものは、次のとおりです。

  1. 追加証拠金の預託を当社が確認できない場合で取引の継続不適当と当社が判断した場合
  2. ロスカット決済に伴う不足金等、支払い不能の状態であることが合理的に認められる場合
  3. お客様の責めに帰すべき事由により、当社からお客様への連絡が不能となった場合
  4. 死亡した場合、又は心身機能の低下その他の事由により、本取引の継続が困難若しくは不能となった場合
  5. お客様が取引口座の閉鎖を申し出られた場合

よくあるご質問

よくあるご質問はこちらからご覧ください。