「証券」のつかない証券会社 株式会社One Tap BUY

ニュースリリース

ニュースリリース
2017.12.12

フィンテックのOne Tap BUY、ネット証券大手2社に肉薄
2017年第2四半期の開設数約32,000口座

証券取引アプリ「One Tap BUY」を提供する株式会社One Tap BUY(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:林和人)は、2017年度第2四半期の新規口座開設数が、ネット証券大手2社に肉薄する堂々第3位となりましたのでご報告いたします。
この期間、当社では約32,000口座が新規に開設されましたが、特に、9月は約15,700口座と勢いのある実績となりました。

<主要ネット証券7社との比較>

◎各証券会社の開示情報から4半期ごとの口座開設数を取得
当社は、2016年6月のサービス開始以来、誰でもカンタンに株式投資ができるスキームを徹底し、お客様の声に耳を傾けながらサービスの拡充に取組んでまいりました。
2016年 10月入金手続きを不要とする“銀行においたまま買付”をリリース
2017年 1月学生さんでも手が届くよう最低投資金額を1,000円に引下げ
2月銘柄選択不要、倒産リスクもない「日本株ETF」を採用
3月自由自在な積立専用アプリ『積み株』をリリース
7月非常に多くの要望にお応えして「日本の個別銘柄」の取扱いを開始
11月全顧客を対象とする選挙の結果をもって米国株の取り扱い銘柄に「テスラ」を新たに採用
12月米国にもヘッジ手段が欲しいとの声を反映して「米国株ETF」を採用

このたびの月間新規口座開設数約15,700口座の達成は、今まで株式投資に馴染みのなかった若年層や株式投資未経験者の方に、「1,000円で株主」「スマホで3タップ」の初心者に優しいコンセプトが受け入れられたからこそと考えています。

弊社ではこの7月から、「株を、みんなの当たり前に。」をスローガンとして掲げております。今後、さらに投資の壁を感じさせないサービスを提供し、投資が特別なことではなく、生活に溶け込んで当たり前となる社会の実現に貢献していければと思っております。

※1:ネット証券とは、インターネット経由で証券を売買することがことでき、オンライン上ですべての取引を完結できるサービスを提供しているインターネット専用の証券会社のことを指します。

<ニュースリリース一覧に戻る>

金融商品取引業者 株式会社One Tap BUY 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会