「証券」のつかない証券会社 株式会社One Tap BUY

ニュースリリース

ニュースリリース
2017.2.6
買いの取引コスト「ゼロ」 “まるごと日本株” 2017年2月13日より開始
証券取引アプリ「One Tap BUY」を提供する株式会社One Tap BUY(本社:東京都港区、代表取締役CEO:林和人)は、2017年2月13日より、 “まるごと日本株”(日本株ETF3本)のサービスを開始いたします。

昨年6月のサービス開始当初より、多くのお客様から日本株取扱いのご要望をいただいております。日本株導入の第一歩として、今回は “まるごと日本株” (日本株ETF3本)の取扱いを始めます。誰にでもカンタンにというOne Tap BUYの特徴はそのままに、日本株ETFも3タップ、1,000円からお取引いただけます。

ユニークな乳牛・ブル(牛)・ベア(熊)のアイコンが楽しいUIで、初めてETFを買われる方のハードルを下げ、買いの取引コストを無料といたしました。2017年3月末までは日本株スタートキャンペーンにつき、売りの取引コストも無料となります。
(乳牛=日経225連動、ブル=日経225の2倍連動、ベア=日経225の逆連動のETFを表します。)

サービスの狙い

2016年6月1日のサービス開始から8ヵ月が経ち、毎日のように耳にするトランプ大統領の発言で、ニューヨークダウのみならず日経平均もその影響を受ける様子を目にし、弊社のお客様(初心者投資家層)としても、米国株のみならず、日本株への関心が高くなってきております。

そこで、日本株の品ぞろえの第一歩として、まずはテレビのニュースなどで日本人なら誰にでも馴染みのある日経平均(日経225)に注目し、それに関連するETFを3本用意しました。個別株を選ぶよりも容易に、「今日、市場全体が上がるのか下がるのか」だけに集中して売り買いするカンタンさがメリットです。日経225を通じた日本株との出会いで、日本株への興味と関心をさらに高めていただければと思っています。

画面
<まるごと日本株 画面推移>

まるごと日本株 取扱銘柄

初めて日本株をはじめる方にお勧め、人気の3銘柄。
(One Tap BUYではユーザーの皆さんがイメージしやすいニックネームを独自につけています)
上がったら儲かる
日経225連動型上場投資信託(略称:225投信、銘柄コード:1321)
スタンダードなインデックスファンドです。225銘柄への分散投資で個別銘柄よりもリスクが小さいため、長期投資に向いています。
上がったら2倍儲かる(ブル)
NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(略称:日経レバETF、銘柄コード1570)
日経平均の2倍の動きをします。値動きが大きく短期売買に向いています。ETFの中で圧倒的な出来高を誇る野村アセットのファンドを選択しました。
下がったら儲かる(ベア)
NEXT FUNDS日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(略称:日経インバETF、銘柄コード1571)
日経平均の逆の動きをします。市場全体が下がる時に収益を上げるもので、株価調整時に活躍します。ブルと同じ野村アセットのNEXT FUNDシリーズで揃えました。

まるごと日本株 取引コスト(スプレッド)

買いの取引コスト:0%(恒久)
売りの取引コスト:2017年3月末までキャンペーンにつき0%
         2017年4月よりスプレッド(基準価格×0.3%)

まるごと日本株 各ETF市場価格の推移

(2016年11月1日を100として指数化) ETF市場価格の推移
出典元:Bloomberg
※ETF: 上場投資信託(Exchange Traded Fundの略)
リスク
ETFの取引価格、基準価額は投資を行っている有価証券、債券(公社債等)等の値動きによる影響を受け、これらの利益および損失はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、取引価格、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金とは異なります。
また、ETFは指数の値動きに連動することをめざして運用されていますが、金融商品取引所で売買されているために、指数の動きに反応するだけではなく、買いと売りの需給関係によっても取引価格が変動します。その結果、ETFが連動をめざす指数の値動きから乖離するリスクがあります。

<ニュースリリース一覧に戻る>

金融商品取引業者 株式会社One Tap BUY 関東財務局長(金商)第2883号 加入協会/日本証券業協会